読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育て

こどもがまだ小さかった時。

コップの水をずっと入れ替えてて、いつまでしてるんだろう、どこまでビショビショにするんだろう、と静観していて。

主人が怒らないのか?と私に怒ってきたので。

今、実験中だから。

と。

もう既にビショビショ。もう既に始まってしまった。止めたところでまたするだろう。それなら、納得するまで実験させて、結果がでるまで見ない振りした方が、よっぽどいい。自分のストレスをためないために。

 

 

気がつけば、ソファにスタンプを押しまくっていた。本革。

バンクシーかな。我が家をロンドンの街角だと思ったのかな。何を訴えてるのかな。

とりあえず、これが将来、100万円になるかもしれない。

と、いろんな角度で写真を撮っておいた。

保存するか、消してしまうか。

悩んだ末、次の作品が生まれるかもしれない期待を持って、一生懸命拭いて消したよ。

 

 

寝ている時、殴る蹴るの暴行を受ける、笑。

自転しながら公転する、こども。

将来は天文学者かな。

こどもが地球なら、私は金星?じゃあ私はどう回ればいいんだ?どう動けば、子どもとぶつからない?

大人になったら、教えてもらおう。

そんな時もあれば、

ウィトルウィウス的人体図を体現して寝ている時もある。いつかモデュロールを導き出すかもね。

と、邪魔しないように端っこで寝たよ。

 

 

小さい頃の方が、夢をみれる。

いろんな可能性を想像して、

ボールを蹴っただけで、サッカー選手じゃないか?って。

イギリスよりは、イタリアに住んでみたいな。とか。

ボールを投げただけで、野球選手じゃないか?って。

アメリカならやっぱりニューヨークがいい!とか。

勝手に住む場所を夢見たり。

 

 

子どもの可能性を信じる。