読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

介護

大変な介護をしていた時間があるけれど。

本当に、一線を越えないかどうか、そのギリギリのところで立ち止まる。

そんな日が毎日。

もちろん、幸せに人生を終えてくれたと思うけれど、

あれだけやっても、最後までちゃんとできたんだろうか?幸せに人生を終えられたのだろうか?

と、聞けない質問が頭に浮かぶ。

周りの人は、本当によくやったよ、って言ってくれるから、その言葉が支えで。

本人に確認したいけど、もう私が私であるという認識もない人に聞いても、答えが返ってきても、どこか信じられなくて。

結局そのまま、人生を終えてしまって。

振り返ったら、介護してる時間に失ったものがとてつもなく多くて。

 

 

それが介護なんだけど、

それを仕事にするのは、

1日に2時間まで。

介護の仕事は1日2時間まで。

そうしよ。定職じゃなくて、

介護の仕事は1日2時間まで。

それ以上は禁止。

ボランティアみたいに、できる時にできることを。

学校が休みの日、仕事が休みの日、早朝だけ、深夜だけ、

日本人全員が、1日2時間づつ、高齢者のために、働こう。

 

1日2時間でお金がもらえるなら、母子家庭の人だって嬉しいんじゃない?早期退職した人だって嬉しいんじゃない?ちょっとお金ほしいなって思う人は嬉しいんじゃない?

 

 

1日2時間バイトのサイトができたら、案外人気でるかも。

主婦とかでも、今日は想定外に時間あるなーって日、あるもん。

そんな日に3000円でももらえたら、ラッキーだよね。