宿題

子どもに宿題代わって!家事やるから!って言われたので、
お母さん、その単語、もう覚えてるからなぁ。
って言ったら。
無言で宿題をやり始めた。

なんだ?なんだ?
母がわかってることを知らない状況はプライドが許さないのか?

母は全国模試で一番だったんだぞ。越えられるのか?そんな人間がいまや、あなたが何をどう解いているのか、さっぱりわからず、学校に行ってる間に予習して、YouTubeの解説に頼りきってることは内緒だ。もう過去の栄光も使えない年齢なんだぞ。

なんだ?なんだ?
ばかにしてるのか?そうだよ、結婚してから勉強をさぼったんだよ。さぼったら、こうなるんだよ。

え?
因数分解なんて社会で使う日はこないって思ってたんでしょ?親になるとフル活用だよ。子どもにマウントをとるためにね。

いや、もう負けてるんだ。
わかってる自覚もある。
とにかく、一日でも遅くボケ始めるように、複雑色塗りドリルでもするかな。



宿題は母の葛藤でもある。
それを乗り越えるためにあるのは、高額で通う塾だ。

そう、塾は親の存在意義を示してくれる。
親がいないと通えない。
そう、親が解けないような問題をスラスラ解く、頭の中がフィーバーしちゃってるのはむしろ、親の方で。
でも、そんな内心を隠し通し。
YouTubeで解説動画を探しまくり。
なんなく解けるような顔をして、子供の帰宅を待つ。
プライドじゃない。
子供が親を越えてほしい。その越えるハードルを少しでも高くしておこう。
将来のために。


でも、わっけわかんないよ。
点Pって、なんでそこを動くんだ?
いつから?昔からそこを動くタイプだったっけ?

宿題なんてやめて、ゲームしたい。
同感です。