んー

総理の器はあると思ってはいるけど、私と意見は合わないなぁ。

保育士の賃金を上げるなら、幼稚園教諭のレベルを3段階くらいにして、保育士は減らすべきだと思っているから。そこで、幼稚園教諭の給与を上げるべきで、保育士は保育士のままでいいと思う。
看護師の給与は充分高い。正直言って、もっと対価が合ってない仕事が無限にある。看護師が大切な仕事だとは感じているけど、働いている人にはきちんと支払われているし、国家試験合格率9割を超える職業にしては、シンママで生活していけるだけの給与も得られるお得感を感じている。

国家試験の難易度の割に生活していけない職業を調べ倒して、そこにちゃんと賃金を支払うべきだし、更新料として定期的に支払いをしなければならない仕事などもある。国家の資格なのに。国家資格をとると、登録料だけで10万円近く払って、その上更新料もとられ、更新のための講習に時間もとられ。でも仕事が忙しすぎて声をあげる時間もない。



この現状を知らないことが世間とのズレだと思う。

それに、平均年収と塾代を比べてどうか。塾、家庭教師なしで勉強してきた人がどんな進路なのか、学校の役割はなんなのか、結果労働者人口はどうなっているのか、IT化の人材確保は今後できるのか。昔の苦学生とは全然違う現実がある。
そこを見捨てると、日本の発展はない。

そこで保育士や看護師の賃金を上げることにお金をかけることなのか。

今の労働者にいくらお金を落とすのではなく、学ぶ機会を与えるべきで、ここから80歳まで働ける社会システムの構築をすぐしなくちゃいけないことだと思う。
そして、労働者人口を増やすために、高2で大学受験可能にして、大学に入学を認められたら、高校卒業できるように、それが当たり前の社会になるべき。そうすれば留学もしやすい。海外でのコネクションができていい。

単純作業や簡単な作業はもう仕事にならない。

看護師や保育士にお金を落とすなら、その学費を無料にすべきで。就労を始めてからの給与は自分で努力すべきじゃない?資格試験も合格した人には受験料を返還したらいいし。

もしかすると、国家資格合格率が高くて、資格を持ってる人口が多いから、票集めになると思っているのかもしれないけど。