なぜ日本が衰退しているか

まずは少子化と教育問題。

次に、出る杭を打つという常識がまかり通る社会。

最後に、都市計画の失敗。

 

 

まずは、若いうちに結婚して出産できるようにして、塾代などの教育費の負担を減らさないと、子供を産んでも教育を受けさせられなければ意味がない。

少子化であるなら、その少ない子供を育て上げるシステムが日本にはない。

少子化な上に、子供が増えると塾に行けない。でも学校はうろうろする子の対応に追われて授業が進まない。授業が進んでもとりあえず学年をあげればいいだけの授業しかできない。教師のやることが多すぎてそんな将来のことまで考えられない教師たち。

 

次に出る杭を打つ社会。出る杭にしがみついて、そこを超えたいって頑張ればいいんだけど、出る杭を打って平均を下げて、自分の位置を確立するから、発展しない。すごい子はすごい子として大事にすべきだし、できない子に冷たいくらいでもいいんじゃないの?って時々思う。宿題もやってこない子につきっきりで、クラスで勉強ができる子は塾へ行ってくださいっていう流れ。これだけを考えても、教育が破綻してる。勉強ができる子はどんどん表彰して、どんどん無料にしてあげて、勉強ができる子と同じクラスになるとご褒美がもらえるとか、そういうおこぼれがあれば、蹴落とす意識にはならないと思うんだよね。

 

最後に都市計画。道路を拡張して宅地を減らして、不動産にお金をかけないようにしないと、給与をあげても不動産にお金を使われて、消費に回らない。都心の超高層マンションも、あれがなければってことはいくつも考えてしまう。いくつかなら良かったんだけどね。多すぎる。