景気が良くなる方法

都心に住まわせない。
郊外の大きな家に住むと、不動産がまず安いし、
車も買うし家具もちゃんと買う。
都心に住めば住むほどお金がでていくから安っぽい生活になりがち。結果、物を買わない買えない。結果、物が売れない。景気が悪くなる。
不動産の高いところに人を住まわせなければ、違うところでお金を使うから経済が活性化する。
山手線の内側を緑豊かな場所にして、人は郊外の大きな一軒家でのんびり暮らすのが、経済にとっても
人間らしく生きるためにも、良いと思う。