お父さんへ

もうすぐ、お父さんが生きた年数になります。
長いようで短く、
お父さんほどの人間にもなれなかった。
でも多分、誉めてくれるでしょう。
お父さんは、偉くなんかならなくていい、笑っててくれたらいいって言ってたから。

おばさんになった娘より。