大丈夫

私はいつだって、応援するよ、あっちを。

どんな理由があっても、

どんなに性格が悪くても、

どんなに落ち度があっても、

どこからどうみても、

助けてあげなくちゃいけないのは、あっち。

 

だって、そっちは、助けなくてもやっていけるでしょ。