問題児

問題児のいるクラスは、評判の良い先生があてられる。

あの時のあの子が???っていう人が東大に行ってたりする。

 

問題児を放置しない、それは素敵なことだと思う。

でも、できる子を放置しちゃいけないと思う。

 

平等に、とは思わない。

個別に、とも思わない。

 

でも、皆で皆をみていく。

これは必要なんじゃないかって。

自分に合った先生のクラスに自由に行ける。

 

人材が枯渇しているのはわかるけど、

学校に大学生のチューター制度を設けて、わからない時は、その部屋に行けるとか。

一貫教育の学校があるのなら、もっとそういうことができそうな。

上級生による家庭教師形式の補習。

留学生会館とかによくある、張り紙形式でもいいかも。

 

こどもは案外混乱しない。