読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆめ

すっごくキラキラした衣装を着て、

あふれんばかりのフラッシュライトを浴びたいなんて思ったことないなぁ。

 

有り余るお金があったら、何するだろう。

とりあえず、いつでも帰れる実家と自分の住処の確保。後は、疲れない旅行をしたい。

宝石は買わないだろうな。豪邸もいらない。実家に荷物を置いておけるなら、ホテル住まいでもいいくらい。車もいらない、タクシーで。

そう考えると、有り余るお金があったら、所有することをやめる気がする。

お金で時間を買って、もう一回大学に行きたいかも。

いろんな知識をくれるお友達も増やしたい。

もしかして、お金で買えないものに憧れ始めるのかも。

家の歴史とか。権威とか。お金で解決できない空間に自分の身を置くとか。

 

キラキラする自分が想像つかない。

 

人生で一番楽しかったのは。

毎日ジーンズで、ユニクロのフリースにギャップのダウンジャケットで大学に泊まり込んでたあの時代。

もしキラキラするとしたら、論文が賞をもらったとか、そういう瞬間。

いや、賞をもらう瞬間より、賞を頂いたことで得られる、人脈で知識が増えるのが一番幸せかも。

 

ここまで妄想できるということは。

私はたぶん幸せ。