読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考えたんだけど。

例えば、9月始まりなら、

幼稚園から前倒しにして、

その学年から、9月できる感じになるのかな。

1年だけ学年の人数が増えるけど。

その下の学年は9月できるのかな。先生が混乱する?

でも突然、学年が変わるのはどうかと思うし。

前倒しって、もう今更できないのかな。大学だけでもね。

高校三年生って、ほぼ受験勉強で、教科書なんて開いてないし。

とりあえず、高校を8月終わりにしてみる?

学年を変えるって、どうすればいいんだ。

幼稚園だけ前倒しは可能だよね。縦割りのところもあるし。

 

幼稚園はとりあえず、9月入園にして、2歳から通う。

小学校も9月入学にして。

 

 

やっぱり、1月入学が一番やりやすいかも。

3歳で全員幼稚園!

6歳で全員小学校!

18歳で大学生&成人!

 

わかりやすい!

 

再来年生まれた人から、その学年で。

それまでの人は、4月〜3月で学年を区切って、

2017年3月ー4月(2018年)

2018年3月ー12月、この学年が少なくなるけど。

2019年1月ー12月この学年から数えやすくなる。

 

年度、という表記もなくなるかな。元号も変わるしね。

これなら、センター試験もインフルエンザの時期、氷点下の時期、ではなくなるし。

冬休みを長めにして、春休みナシでもいいかもね。で、GWを2週間くらい休みにして。そしたら、働いてるお母さんも同じ時期に休みがとりやすくて、いいかも。結果、学童保育も少しは人員減らせる?

2期制になれば、試験も減るし、子どももラッキー。先生も少しは負担が減るんじゃないかな。

冬休みが長かったら、実家でゆっくりできるし。

忘年会も慌ただしくなくていいし。

受験が終わってから迎えるお正月、いいよね。受験生も、受かりました!って、親戚に挨拶できるしさ。めでたいお正月になりそう。

もしできるなら、

留学とかのことを考えて、

高校三年生は7月に卒業にして、8月〜12月は高校3年生だけど、留学などの目的を持って生活をする人に関しては、卒業資格を与えて学校に来なくてもいい特例があってもいいよね。

もし東大が9月始まりというのなら、7月に卒業証書を渡しておいて、9月始まりの大学に合格した人に関しては、大学生と認めるような措置もあっていいかも。

それ、面白いかも。

東大の入試が7月までに終わってて、そのあと、他の大学の試験だったら、おもしろい現象が起きそう。旧帝大はこぞって9月入学にするかな。逆に受け皿になるかな。

 

という妄想をしたところで。

さ。家事家事。