読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

予算削減

先日、ちょろっとテレビをみて。

ある人が、予算削減というけど、現場の立場からいうと、こっちだってお金もらわなくちゃいけないし、削減されて困るのは現場だからね。

って言ってるのを聞いて、頷いた。

そのコメンテーターはちょっと叩かれ気味だったけど。

でも、現実、そうじゃない?

安い土地に安く家を建てて、洪水に流されたり。

安くしてくれ一円でも安くしてくれって言って、安い材料を使ったら、すぐダメになった、こんなの使い物にならない!って損害賠償請求。安くしてくれって言うから安くしたのに、損害賠償でまたお金とられて、建築会社倒産。

間に入って、マージンとってる人は省くべきだけど。

実際建ててる人のお金まで奪っちゃいけない。

 

例えば、病気になって、この治療は高額で治癒の可能性は極めて低いですが、やってみますか?って聞かれて、借金して一歩踏み出す人が、

365日住む家に、「安くしてください、とにかく安くしてください」って自分の人生に無責任すぎない?

 

豊洲市場だって、安く安くって言った結果がこれでしょ。

責任ある仕事できる?ねぇ?コメンテーターの皆さん、無給でテレビ出てたたかれて、その上で、責任ある仕事してください。って言われてできる?今やめても今やってもお金入らないんだよ?好きなことだけ言って、やーめたって言わない?

 

最近の建築現場をみると、外国人が多くて。

言葉もわからないかもしれない人が、コンクリート流しいれてるんだよ。家の土台を作っているコンクリートをさ。

それが「安くしてください」の代償。

監督責任?言葉が通じないのに、監督できないでしょ。

実際の現場は言葉の通じる人ばかりだとは思うけど。でも、人不足で、今、そういう現実が押し寄せてるのは確かで。

政治ばっかりして、ニュースばっかりみて、スマホばっかりみてる人の視界には入らないだろうね。実際、家を建てている現場にいる人がどんな人かなんてさ。

 

お金がないのはわかってる。

でも、安く、というのは、そういう副作用があるということを知っておかないとね。