読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

保育園

保育園は教育機関ではない。

教育されてない子どもを増やして、教育されている子どもを減らして、

これからの日本はどうなるんだろう。

 

短時間労働のお母さんが15時に会社をでて、18時に子どもを迎えに行くまで、デパートで買い物してるんでしょ?

週3日しか働いてないお母さんが、仕事があるんでって言って、学校の役員も断って、仕事のない2日を、有意義に遊んでるんでしょ?

仕事のつきあいだって言って、職場の飲み会に行ってるんでしょ?

 

保育園に子どもを預けている親と、幼稚園に子どもを預けている親にアンケートをとってみて。

保育園に子どもを預けている親の方が、飲み会に行ってるし、買い物もしてる。

 

 

本当に保育園が必要な人だけに絞ってみて、

これからどんどん減る子どもの数を考えたら、保育園を増やそうなんて、絶対思わない。

「絶対」なんてない、けれど、

あえて「絶対」、というよ。

保育園はこれ以上いらない。

保育園がないから働けない?

文句言ってる時間があったら、勉強して資格とって、1日3時間で高給な仕事にかえてごらんよ。そういう努力もしないで、お金がない時間がない、、、なんて、わがまますぎる。

 

 

まぁちょっと言い過ぎかもしれないけど、保育園を増やす前に、教育機関である幼稚園を改革しないと、保育園の子どもばかりになってしまうよ。保育園は教育機関じゃないからね。それなら、保育園でも教育をすべきだし、そこには保育士ではなく幼稚園教諭がいるべきだし、長時間預かるのであれば、広い園舎であるべきだと思う。

要は、長時間預かるなら、日本人の過半数が通うような状況になるのなら、そこは教育機関であるべき。日本人の過半数が教育されずに、脳の90%が形成されてしまったら、とんでもない社会になると思うよ。