ガン

こんなに医療が発達しても、

検査は痛みや不安を伴うし、

ガンの特効薬はできないし。


現代は病気に怯えて生きてて、早くガンが見つかれば、それが幸せっていう意識だけど。

逆に死ぬほど痛くなるまでガンだと知らずに生きて、最後の最後の一瞬だけ辛い、のとどっちが幸せなんだろうって思ったりする時がある。

大昔はきっと、病気ってなんなんだろう?くらいで、むしろ、何かに襲われるかもしれない、とか、食料が手に入らないかもしれない、とか。そういう不安の方が強かったんじゃないかなって。



と、思うと、幸せなのかな。

どうなのかな。