読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子どもとデート

何時間も電車を見る息子につきあう親。

何時間もおままごとにつきあう親。

 

正直言って、20分もたてば、大人は飽きてしまって。

 

片手間になってしまう。

 

そんな時、これはデートなんだ、と思えば、

彼氏と何時間も電車をみて、ただそばにいるだけで幸せって思ってた、あの感覚を使えば、乗り越えられる。

彼女と何時間も将来の妄想をして、ただ一緒にいるだけで、ドキドキしてたあの感覚を使えば、乗り越えられる。

 

そう気持ちを切り替えると、子どもの遊びにつきあうことができるようになった。

 

子どもとデート。

子どもとの時間を乗り越えるための、魔法の言葉。

 

自分の命に代えてでも、守りたい、本当に大切なものだし、

大好きで、ずーっと一緒にいたい!って思うんだけど。

さすがに、趣味も嗜好も違うし。

私は抹茶のかき氷が食べたいけど、子どもはイチゴ味だし。

私はコーヒーを飲みたいけど、子どもはオレンジジュースだし。

二つ買う予算はない、二つ買うほど食べたいわけでもない、

そんな時、譲ってしまう。

そんな時、デートなんだ、と思えば、仕方ないって思える。

次のデートでは私の好きなもの!って思ってたら、

やっぱりオレンジジュースになって。

オレンジジュースは甘くて好きじゃないの。

でも、まだ付き合い始めで、それが伝えられない、ものどかしい距離間の彼氏だと思えば、なんか乗り越えられる。

 

本当は、抹茶のかき氷がいいし、コーヒーが飲みたいし、ちょっとアルコールの効いたケーキが好き。