朝活

朝早く起きて、ストレッチをして家事を全部終えて、こどもが起きてくるまでの間に、ゆっくり温かい飲み物を飲む、この時間が一番好きかも。

早起きがだんだんもはや深夜起きくらいの時間になりつつある。

 

あ、起きてきた。

百貨店離れ

確かに、百貨店離れはあるけど。

 

それこそ、例えば。

いっそ、ワンフロアをキドキドにしてしまえば、お孫さんと行き場を失ったおばあちゃまが行っただろうし。

いっそ、ワンフロアを病院にすれば、病院の待ち時間を百貨店でお買い物しただろうし。付き添いの人も居場所ができて。駐車場も確保できているわけだし。利便性も問題無し。

いっそ、上の階に幼稚園でもいれたら、保護者が送迎の合間に百貨店で翌日のお弁当の材料を買っただろうし。お茶もしただろうし。

 

それなら、高級志向でも売れたと思うんだよね。

ただ、品物を並べるだけでは、やっぱり無理だったと思う。

 

それこそ、新宿高島屋タイムズスクエアはマンションにしてしまえば良かったのに。

 

高級志向でどうして売れなかったか、というと。

結局、東京は住むだけで異常にお金が消えていくんだよね。

そこに無理して住むから、高級なものからどんどん遠ざかる。

大阪や名古屋でどうして百貨店から客足が離れないかというと、郊外の一軒家でのんびり住んでるからなんだよね。わざわざ地価の高い土地に住んで、ギリギリの生活をしているから、高級なものに手を出せないんだよね。

だから、都心に住むのをやめさせたら、多分、高級な家具を揃える人がでてくると思う。都心のタワーマンションはもう、やめたらいいんじゃないかな。直下型地震のこともあるし。

住みたい気持ちはわかるけど、それが景気を悪くしている気もする。

ヤマトさん

高齢の母が、宅配の人がきた時のために、

ペットボトルのお茶を用意している。

安売りしてる時にどっさり買い込んで。

重いものだと、お家の中までいれてもらうし、

再配達を頼む時もあるし、

大変でしょ。

って、

お茶を渡して、ありがとう、という。

でも今は、宅配ボックスで、誰に渡しているのかさえわからないじゃない?

 

 

こどもが小さい頃に、いつも電車に手を振っていて、

でも乗客は皆が皆、スマホを見てて、気づきもしない。

私がこどもの頃は、知らない大人が、はにかみながら手を振ってくれたような。

この時代を生きるこどもにとってはそれは普通なんだろうけど、

こどもの背中越しにみる、電車の窓際で誰一人顔をあげていない光景って、

虚しくて。

 

 

 

お金があったら、

広い土地に小さな家。

歯の矯正。

世界中に旅行。

いらないものは全部捨て。

着ない服も全部捨て。

新しいPC。

テレビにもなる大きなディスプレイ。

家事代行。

 

そのくらいかな。

海外旅行に行くなら、プライベートジェットもいいな。

 

 

こういう人間だから。

今の生活が身の丈に合っているんだろうな。

 

震災の日

あの日、原発が爆発してたあの映像をみた瞬間、

死ぬんだって思った。

はだしのゲンを小学生のときにみせられて、

あの画が頭に浮かんで、

黒い雨が降るとか、溶けるとか、いろんなことを想像して。

 

その日から考えると、今生活していることが、

こんな日になれたんだ、

それでも生きられるんだ、

っていう文字で表せないなんとも言えない感情が湧く。

原発事故があっても、生きてる日本人って。

それは技術の進化なのか、偶然なのか。

病気になっても生きられるし、生きているうちにまた新しい治療が受けられて。

 

それでも、なぜ、胃カメラは進化しないのか。

と内心は、今の技術の進歩速度に対して、その部分の、検査という部分の、進歩って遅くない?って思いつつ。いい加減、一回くらい人間ドックいかないと、と思いつつ、体調がすぐれないと、もう歳だな、って解決して、なんとなく生きていけてるし、いっか、って思いつつ、もう死ぬ時は死ぬんだしっていう。

結果、今日、飲みたいものを飲んで、食べたいものを食べて、

嫌なことは嫌だと言って、

好きなことを追いかけて、

わがままにきままに1日を過ごしつつ、体調を崩すと、子どもに残したい言葉を見つかるような場所に書き記して、もし今から家を出て、突然倒れても後悔しないように、なぜか手紙を残してみたり。

でも案外、疲れてたんだなってくらいで、体調も普通に戻り。

あの時書いたあの手紙はどこへ?

と気にしつつも。死んだら何通でてくるんだろ、ってちょっと今から恥ずかしい気もしながら。

 

 

 

そう、生きてる。

 

主婦って

自宅が職場なんだよね。

だから、自宅にいる時間が就労時間で。

ヨガに行ったり、カフェに行く時間が、自宅から出ている時間が、唯一の休憩時間。